今はやりの酵素ドリンクを自作する人も多いと思いますが、酵素ドリンクを自作する際に注意点があります。
まずは、失敗したことがわかりにくいということです。
酵素ドリンクは、果物や野菜などを発酵させますが、作る過程で雑菌が入ってしまうことがあります。
そして、あまり作ったことない人では、発酵と腐敗の区別がつきにくいことがあります。
腐敗したものを口にしてしまうとおなかを壊してしまうので注意が必要です。
2つはにおいが違います。
そして、自作では手間がかかります。
だいたい毎日2回程度、かき混ぜる必要があります。
毎日の変化を見ながら気長に、楽しみながらしていくと良いです。
最後にお店で売られている酵素ドリンクよりも、品質では劣ります。
売られているものは、使っている材料も1種類ではなくたくさんの材料を使用していて、発酵期間も数年かけています。
市販のものは値段が高いイメージがありますが、それに見合った期間や材料で作られているので、自作の酵素ドリンクはそれには劣ってしまいます。
しかし、今ではネットでも気軽に作れる作り方がたくさん載っているので、興味のある人は、注意点を気をつけながら自作してみるのも良いかもしれません。