酵素の最適温度とは何か

酵素は主にタンパク質によって作られているものであり、アミノ酸が連結してできた高分子として知られています。
その立体構造は温度によって変化するため、温度によって大きな変化を受けやすいというのが特徴です。
健康食品やサプリメントとして使用されるようになったことで、加熱すると壊れてしまいやすいことや凍らせてしまっても壊れてしまうものがあるということも徐々に知られつつあります。
しかし、もう一つ知っておくと良いのが最適温度です。
温度によって構造が変化することから、酵素が本来の機能を発揮するために適した最適温度というのが必ず存在しています。
温度が高すぎても低すぎても活性が低下してしまうという特性があるのです。
生物が身体の中で作り出している場合には、自分の体温の前後が最適温度になっているものが多く、人が作っている酵素の場合には30度から40度に最適温度があるものがほとんどです。
一方、海底に住む微生物の場合には最適温度が低い酵素を作っているものもいて、逆に温泉などにはより高温で機能を発揮する酵素を作っている場合もあります。
こういった多様性があるという特徴を知っておくと健康食品やサプリメントを使用する際にも温度が大切であるということを意識できるでしょう。